FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
70年代
2010/04/05(Mon)
先日、70年代の懐メロの番組があったので、見ていた。
まあ70年代は、私はすでに生まれていたわけだが(笑)
一応子供だった^^

なので、本人はのほほんと、おままごとやケイドロとかやって過ごしていた。

でも、世の中は、高度成長期とか、都市化と共に自然破壊とか、公害ぜんそくとか…
結構すごい時代だったのではないだろうか。

で、その懐メロを見ながら、私はその時代を支えた若者たちをいっぱい見ていたことを思い出した!

その皆さんは、当時父の生徒だった定時制の高校生。
全員集団就職で、煙がもくもく上がっている京浜工業地帯へ就職。
気づくと、よくうちに泊まりに来ていた。

子供の記憶だが、今思うと、絶望と希望を両方持っている感じ。
幸せそうな、幸せじゃないような…そんな印象。

もしかしたら、父が彼らの生きる情熱?みたいなものを引き出すのが上手だったのかな~
彼らの苦しさ、絶望感をテーマにしたお芝居を、自分たちで創作して発表したりしていた。
うちに集まった夜には、楽しそうにギターを弾きながらビートルズを歌ったりもしていた。

百恵ちゃんを弾いてくれなくてガッカリした覚えがある(笑)

なんかさ~
すごくない?
ドラマのワンシーンみたいじゃない?
と、ふと思った^^

後書き:
私が大学生のころ、一度だけ彼らに会ったことがあった。
私が一番好きだったロン毛&ギターが上手だったOさんは、私より小さく、ロン毛には二度とできなくなっていた^^;
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。